外壁塗装で機能の維持~塗装バリアで住宅~

住宅

どのように防ぐか

傘

住宅で、天井のシミやサッシから水が垂れてくる際は雨漏りを疑ったほうがいいでしょう。雨漏りは住宅の機能を損ねるだけでなく生活環境に問題をきたすこともあります。雨漏りが酷くなってくるとカビ臭い匂いがひどくなり、そこでの生活に支障をきたすからです。それを防ぐためにも雨漏り修理は早めに行うことが大切です。雨漏り修理といっても沢山の種類があるため、自分の住宅に合わせた方法で雨漏り修理を行ってもらうことも大切です。雨漏り修理としてもっとも基本的な修理方法が塗装です。雨漏りした箇所の原因を突き止め屋根や外壁の塗装の剥がれによって起こっている際はその箇所に塗装を行います。その塗装により、雨水が屋根や外壁の内部に直接侵入することを防ぎます。短期間で修理する際は、この方法で修理を行うのも一つの方法です。

雨漏りが酷くなってくると、葺き替えといわれる方法で雨漏り修理を行う必要があります。葺き替えは屋根をそのまま丸ごと取り替える方法です。屋根を全体的に取り替えるため、雨漏りの原因の根本から改善することができます。ただ、どうしても全体的に修理を行うため修理が終わるまでに時間もかかります。屋根をすべて取り替えずに修理を行いたいという人は、カバー工法で雨漏り修理してもらうのも一つの方法です。カバー工法は既存の屋根を壊さず、その屋根の保護として新しい屋根を上部設置する方法です。そのままの屋根を活用することができるため、家内部にあまり変化は見られません。どのような方法で雨漏り修理を行ってもらうにしても安全に工事を行ってもらうといいでしょう。



Copyright© 2015 外壁塗装で機能の維持~塗装バリアで住宅~All Rights Reserved.